コラム

皮膚科看護師の仕事内容

本日は皮膚科看護師さんの具体的なお仕事内容をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

〇皮膚科のお仕事とは?

皮膚科は、乳児から高齢者まで幅広い患者さんを対応するため、幅広い患者さんとコミュニケーションをとる必要があります。

 

皮膚科の病棟はほかの診療科と混合であることが多く、皮膚科病棟がないことがほとんどです。看護師としては、外来で皮膚科に携わる機会が圧倒的に多いので、日勤が中心となります。

そのため、診療時間が決まっている外来やクリニックが大半で、夜勤がなく日勤のみでの勤務が可能であるため、結婚や出産後に転職してくる看護師さんが多い人気の診療科目です。

緊張感があふれているわけではないため、比較的精神的プレッシャーが少ないと言えます。

 

 

〇具体的な仕事内容

皮膚科を受診する患者さんは、皮膚に何らかの異常や症状が現れ来院されます。

皮膚症状と言っても、蕁麻疹やアレルギー性のもの、やけど、虫刺されなど幅広い症状があります。

 

 皮膚科医が診る疾患 

 ・アトピー性皮膚炎 

 ・にきび

 ・じんましん

 ・帯状疱疹などの皮膚のアレルギー・炎症・感染症

 ・皮膚がんをはじめとした悪性腫瘍

 ・床ずれ(褥瘡:ジュクソウ)

 ・火傷(熱傷)などの外からの刺激による損傷

 ・爪や髪(脱毛症) 

 

皮膚科で働く看護師は、患者さんの対応問診、医師の診療介助、処置、患者さんへの薬の説明(使用方法や摂取量等)などが主な仕事となります。

 

 

〇一般皮膚科と美容皮膚科の違い

 

 一般皮膚科:皮膚の疾患を治療する

 美容皮膚科:より美しくなるため来院することが多い

 

美容皮膚科は、美肌のためのケア、エイジングなど一般皮膚科では扱っていないような治療科目が用意されており、治療目的ではないため保険がきかない自由診療がほとんどです。

美容皮膚科に来院される方は、「患者」よりも美を追求する「お客様」が多いため、スタッフ自身も肌に美しさを保っていなければ、お客様への説得力が欠けてします。

また、医療業務だけでなく接客が求められるのも大きな違いです。

 

 

〇皮膚科医に向いている人、適性

肌に関心を持ち効率的に業務をこなす人や、はテキパキと業務をこなせる人に向いています。

また、自分自身の肌の状態にも高い関心を持っていることも重要な適性の一つといえるでしょう。

診断して治療を行い、治っていく様子を直接自分の目で見られることが皮膚科の大きな魅力の一つです。

「診断だけ」「治療だけ」という専門分化した作業ではなく、一人の患者さんの皮膚症状に対して連続的に最後まで付き合い、治療を完遂することにやりがいを感じられる人には向いているでしょう。

 

 

 皮膚トラブルを抱えている人は世代を問わず多炒め、皮膚科医の需要がなくなることはありません。

 また、皮膚の疾患は回復具合が目に見えて分かりやすいため、患者さんは治りを実感することができ、

 患者さんの笑顔に接する機会が多くなるかもしれません。

 

 皮膚科は奥が深いのでしっかり勉強をして経験をつめば重宝されるでしょう(^^