コラム

産婦人科看護師の仕事内容

女性の妊娠、そして出産という生命の誕生に関わることができるのが産婦人科です。

やりがいのある職場を求めて、産婦人科を希望する看護師は少なくありません。

 

今回は、産婦人科で働く看護師の仕事内容をご紹介いたします。産婦人科に興味がある人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

<産婦人科とはどんなところか>

産婦人科とは産科と婦人科の2つの診療科が合わさったところです。

産科は女性の妊娠から出産までの診療やケアを担当。妊娠中の検診や治療、分娩、そして出産後の母体と赤ちゃんのケア、育児指導なども行います。

 対して婦人科は、女性特有の疾患に対して治療やケアを行うところです。子宮や卵巣、膣、乳房などの病気、そして不妊に関しての相談や治療を行ってくれます。 

 

<産科・婦人科共通コミュニケーションによる心理的ケア>

 産科・婦人科に共通する特徴的な役割は、コミュニケーションによる心理面のケアです。

特に産科では、入院中の不安を和らげるコミュニケーションの機会は重要です。

一方で婦人科では、入院中の患者さんには、子宮摘出術や乳房切除術など受ける方もいらっしゃるので、女性の心理に寄り添ったコミュニケーションが求められます。

 

<婦人科看護師の役割>

 1.婦人科がん、婦人科疾患の患者のケア

婦人科病棟で勤務する場合、子宮がん、卵巣がんなどの婦人科がんの患者さんへのケアは欠かせない役割です。

婦人科病棟には、外科的治療と内科的治療を受ける患者さんが混在しており、手術が必要な場合には、手術前のオリエンテーションや、

オペ出し・オペ迎えなどの術前術後のケアだけでなく、抗がん剤治療など薬物療法を受ける患者さんのケアも重要な役割です。 

 

2.不妊・避妊相談、不妊治療の介助

婦人科の外来に勤務する場合、妊娠を望む方へのケアをしたり、相談を受ける場面があります。

不妊治療を受ける患者さんには、採血などの検査を行うほか、人工受精の前後の生活について医師とともにオリエンテーションを行います。

 

<産科看護師の役割>

 1.分娩前アセスメント

分娩を控えた妊婦の全身状態を確認するのも産科ナースの役割です。

陣痛促進剤を使用する場合には、薬剤の効果は人それぞれなのでモニタリングをしながら変化を医師に報告しつつお産の進行を介助します。

 

2.間接的な分娩介助

直接的な分娩介助は、分娩時の呼吸法の指示や、赤ちゃんをとりあげる行為で、医師や助産師が担う役割です。

間接的な分娩介助は、器械や医療機器の準備、分娩中の妊婦の血中酸素濃度やバイタルチェックのことで、帝王切開の場合には、オペ前の剃毛や導尿も含まれます。

 

3.バースレビュー、産褥期の母子相互作用を促すケア

産科看護師は、出産後の母体の全身管理、新生児のケアも行います。

最近では、出産後、お産について振り返るバースレビューを行う施設が増えています。

出産直後は、実は褥婦が一番ケアを必要としている時期で、その時期に、分娩に立ち会った看護師とともに出産を振り返る時間を設けることが、ケアになります。

産褥期は母子相互作用が生まれる大切な時期で、授乳の指導、退院後の新生児の発育に関するアドバイス、また退院後の母体の変化などの指導を父母ともに行います。

 

 産婦人科で働く看護師は妊婦への検診や診療の補助、分娩時の介助、出産後のケア、そして女性特有の疾患や不妊に対しての検査や診療補助などを行います。

 

新しい命の誕生に立ち会えるのは、産婦人科勤務の看護師ならではですね。

そして助産師を目指している人にとっても、良い経験となることでしょう。