コラム

介護の仕事内容を職種別にご紹介

 

 

 

 

 

 

 

介護職には介護助手、介護士、介護福祉士、介護福祉士、介護支援専門員…等々、

職種はさまざまあり、職種により仕事内容が異なります。

初めて介護業界に飛び込む人はもちろん、関わっている人でもすべては知らないかもしれません。

無資格・未経験からできる仕事もあれば、専門的な資格を取得していないとできない仕事もあります。

 

そんな介護の主な職種・仕事をご紹介します。

 

 

介護助手

介護助手職は無資格でも始めることができ、有資格者の介護職員をサポートします。

資格を有してないので、

要介護者に直接触れる介護はできませんが、食事の配膳や清掃などの家事全般のお手伝いをして要介護者や介護者を支えます。

 

介護士(ヘルパー)

職場によって異なりますが、要介護者の身体介助が主になります。

他にも炊事や清掃などの家事全般の手伝いやレクリエーションの実施、介護にかかわる相談やアドバイスなどを受けるなど、幅広い業務を行います。

 

介護福祉士(ケアワーカー)

介護福祉士は、現段階では介護福祉系資格の中で唯一の国家資格が必要で、国に認められた介護職員として信頼も厚くなります。

基本的には介護士と同じ仕事内容ですが、介護福祉士はそれらに加え、現場で働く介護士を管理・指導するリーダー的役割も担っています。

 

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員は、介護従事者と要介護者の間で連絡調整を行いながら、その人ひとりひとりに合ったケアプランを作成、実施状況の確認を行います。

また、要介護者やその家族から相談を受けるのも仕事です。

 

介護支援専門員になるためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修を終了してから、介護支援専門員証の交付を受ける必要があります。

 

生活相談員(ソーシャルワーカー)

生活相談員(介護老人施設やデイケアでは支援相談員と呼ばれています)は、要介護者やその家族からの相談に乗ったり、施設入居希望者からの窓口として説明や手続きをしたりします。

 

生活専門員になるためには、一般的に社旗福祉士や精神保健福祉士、社会福祉士主事任用資格のいずれかが必要ですが、自治体によってはこれらの資格がなくても認められるところもあります。

 

サービス提供責任者(サ責)

サービス提供責任者は、要介護者が訪問介護サービスを受けるための手続きや、生活に関わる問題を聞き取るための面談、訪問介護計画書の作成など、要介護者やその家族が質の高い訪問介護サービスを受けられるようにサポートします。

サービス提供責任者になるには、介護福祉士や実務者研修修了者、旧課程のホームヘルパー1級課程修了者のいずれかの要件を満たしている必要があります。

 

 

介護職にはさまざまな働き方があります。

気になる職種や、疑問点等があれば、いつでもご相談ください♪