コラム

面接で好印象を与える自己紹介の仕方教えちゃいます!

面接の自己紹介って何を話せばいいの?どこまで話せばいいの?

と悩まれている方多いのではないでしょうか?

本日は自己紹介で話す内容をご紹介していきます。

 

まず「自己紹介って何分ぐらい話せばいいの?」

面接の自己紹介では、だいたい30秒~1分ぐらいでまとめて話すのがベスト♪

短すぎても印象に残らないし、逆に長すぎても間延びして印象はよくありません。

なので、自己紹介は簡潔にまとめて話す必要があります。

 

そこで、自己紹介では

・「名前」

・「最終学歴(複数回転職している場合は必要なし)」

・「職務経歴」

の2つor 3つに絞りましょう

この3つの後に簡単な志望動機や自分の強みを伝えると簡潔にまとめることができて、

聞き手も聞きやすく好印象を与えられます♪

 

では、実際にどのように話せばいいのか、例を見てみましょう!

 

「神戸 ジョブ男と申します。

私は、〇〇を卒業後、〇〇病院の〇〇科で〇〇年勤めています。

現職では〇〇や〇〇の経験(別ver:〇〇を任されていました等)をしてまいりましたので、

御院では、この経験を活かし、〇〇していきたいと思い、志望いたしました。

(別ver:ですので、〇〇に関しては多く経験してきたので、自信があります等)

本日はよろしくお願いいたします。」

 

〇注意点

自己紹介は、その人を知るのが目的です。

この人はどんな人だろう、どんな経験をしたのかな、なんで応募したのか等の一通りを簡単に知りたいのです。

自己紹介で興味を持ってもらって、その後の面接で深堀していくのでとても重要です。

 

また、入室から自己紹介までで第一印象は決まると思ってください。

第一印象はすごく大事です。

最初の自己紹介でつまずかないように、面接前にしっかり練習してくださいね♪

あと、話す内容だけではなく、話し方も注意してくださいね♪