コラム

精神科看護師の仕事内容と向いている人

みなさんは精神科看護師の仕事内容を具体的にご存知でしょうか?

怖そうだとか、大変そうと言ったイメージを持たれやすい精神科ですが、そこで働く看護師がどんな仕事をしているか

 

どんな人が向いているか、今回はご紹介させていただきます。

 

 

精神科看護師の仕事内容

 

コミュニケーションによる心理ケア

精神看護においては、コミュニケーションによるケアが他の科に比べても重きが置かれています。

もっとも一般的な治療は薬物療法ですが、患者さん自身に病識がなく、服薬を拒むことがあります。

その対応をするために日ごろからコミュニケーションによる心のケアをしっかりと行い、患者さんと適切な関係を気づく必要があります。

 

患者状態のアセスメント

精神科の患者さんは、自分の症状を的確に伝えられなかったり、反対に過剰に表現することがあります。

そのため、看護師は日ごろから患者さんをよく観察し、異変があれば医師に伝えなければなりません。

日ごろのバイタル測定、体重測定もアセスメントのための大切な業務の一つです。

 

セルフケア援助、デイケア・ナイトケアでの看護

精神科では、精神疾患の症状により患者さんのセルフケアレベルが低下していることも少なくないので、看護師がセルフケアの援助を行うことがあります。入浴介助、整髪や髭剃り、トイレへの誘導、また必要に応じて買い物の代行や入院患者のお金の管理なども行います。

また、デイケア・ナイトケアを行う施設での看護も精神科看護師の役割の一つです。

デイケア・ナイトケアとは、精神疾患を患った人たちがスムーズの意社会復帰できるように、日中や夜間の一定時間患者さんのケアを行うものです。

基本的には作業療法士と一緒に生活習慣を取り戻すためにリハビリをしています。また、レクリエーションを通じて社会復帰を目指す取り組みもしています。

 

与薬

薬物の過剰投与を防ぐために患者さんの症状に合わせ、薬剤師や医師と連携しながら投与量を打診することも重要な役割です。

 

 

精神科看護師に向いている人の4つの適正

精神科へ勤めることに興味を覚えたら、気になるのはやはり「どんな人が精神看護に向いているのか?」ではないでしょうか。

精神科看護師における適正は主に下記の4つです。

 

長期的な治療で患者さんと向き合いたい

「長期的に患者さんの回復と向き合いたい」と思う人に精神科看護師は向いています。心因性の疾患は回復の判断が難しく、治療が長期化することも珍しくありません。特に社会的入院*をしてしまう場合、退院後も見据えた包括的なケアが必要です。

*社会的入院……必ずしも治療や退院を目的としない長期的な入院のこと

 

精神的なタフさがある

精神的に強いことも精神科看護師に必要な適正の1つです。精神科の患者さんの中には暴言や心ない言葉で責め立てる人もいます。 こうした状況では、ちょっとのことではめげないタフさが必要とされます。

 

観察力や察する力がある

観察力や察する力は精神科看護の現場では特に重宝されます。観察力は患者理解に欠かません。 退院後の生活まで見据えたケアを行うこともある精神看護の現場では、患者理解は特に重要です。普段の業務の中で、患者さんから必要な情報をうまく聞き出すコミュニケーション能力が求められます。

 

精神看護意外の領域にも関心がある

他領域の知識があると、より精神科看護師として活躍の場が広がります。精神科というと「心の病気」を扱うイメージが強いかも知れません。

確かにそれは間違いではありませんが、実は内科疾患の知識も必要な場合が多いのです。心因性疾患の場合、内科疾患を併発することも多く、心身ともにケアする必要があります。

そのため、精神看護の領域だけでなく、総合的な知識へ興味を広げていける人は特に向いているでしょう。

 

 

精神科看護師は、患者さんや利用者さんと心と生活を支えることのできる仕事です。

興味を持たれた方は是非、精神科看護師を目指してみてはいかがでしょうか?(^^)