コラム

救急看護師の仕事内容と向いている人

 

救急看護師とは、ただちに処置が必要な重篤患者へ、蘇生処置や応急処置を行う看護師のことです。

なんとなくイメージはできても、病棟看護師との具体的な違いがよく分からないという方もいるでしょう。

 

救急看護師さんの具体的な仕事内容を5つのポイントで紹介いたします。

 

<救急看護師さんの仕事内容>

1.初期治療・検査の補助

ナースの役割は、初期治療や検査の補助を行うことです。

救急科や救急外来に患者が搬送されてきたとき、「初療室」という患者受け入れの窓口となる診察室で応対し、最初に「意識確認」「気道確保」「血管確保」「採血」「酸素投与」等の処置を行います。

重症度や緊急度によって対応は異なります。

ひととおりの処置が終わると、患者の容体が安定したことを確認してICUなどの病棟に移し、心電図モニターや人工呼吸器を装着のうえ、経過を観察します。

 

2.診療の補助

初療室から病棟へと患者を移す一連の流れの中で、救急看護師は一瞬の判断を求められる緊急度・重症度の高い患者の診療補助を行います。

医師の指示と患者の状態を的確に汲み取り、必要な医療機器やケアの準備、各種検査や、緊急手術への対応にも備えながら、正確に診療記録をつけます。

 

3.家族ケア

命に関わる重篤な症状の場合、病院に呼ばれた家族は不安にさいなまれています。

救急看護師は患者の家族に手術や検査の終了時間や、その後の対応などについてコミュニケーションをとるだけでなく、心理的なケアも行います。

 

4.救急外来・一般外来のフォロー

救急看護師は、救急外来だけでなく一般外来にヘルプに入る場合もあります。

病院によっては、救急科が救急外来を兼ねている、血管造影室と兼務している救急看護師もいます。

この場合は、緊急時の血管撮影や心臓カテーテル検査に関するスキルアップが求められます。

 

5.トリアージ

(※傷病者など治療を受ける必要のある人々の、診療や看護を受ける順番などを決定する診療前の1つの過程)

救急看護師が行うトリアージは、患者の容体や緊急性を確認し、診療や処置の優先順位を決めるものです。

患者が到着したら、名前や年齢などの基礎情報を聴取し、フィジカルアセスメントを行い、優先順位をつける、知識と経験が必要とされる業務です。

 

 

<救急看護師に向いている人>

自分に救急看護師の適性があるのか知りたい方のために、救急看護師に向いているといわれる素質をいくつか挙げています。

ご自身の長所や性格と、照らし合わせてみてください。

 

〇体力・精神力がある

看護師という仕事自体が、精神力が必要とされる仕事です。その中でも救急看護師は、常に患者の生命の危機と向き合っているため緊張状態が続き、よりハードだといわれています。また、救急医療では、スピードが重視されるので、常に動き回れる体力は必要不可欠です。

 

〇常に平常心を保てる

救急医療の現場では、シビアな場面に頻繁に立ち会います。たとえば、患者の家族が延命治療の選択や、臓器提供の代理意思決定をするときです。患者や家族に過剰に感情移入をしてしまうと、冷静な対応ができなくなります。そのため、どのようなときでも平常心を保てる人が向いているでしょう。また、救急処置は素早い対応や判断力が求められます。たとえ非常に慌ただしい場面でも、パニックになることがなく、看護に集中できる冷静さが必要です。

 

〇気持ちの切り替えが上手い

気持ちの切り替えの上手さも大事な素質です。救急医療機関に搬送されてくるときには、すでに心肺停止状態の患者も数多くいます。救えなかった患者のことを引きずり続けていると、精神的な負担になるでしょう。また、一刻一秒を争う救急医療の現場では、医師や先輩看護師にも余裕がなくなり、指示が強い口調や態度になることも。そのときは落ち込んでしまうかもしれませんが、仕事と割り切って、すぐに気持ちを切り替えることが重要です。

 

〇チームワークを大切にする

緊迫した現場で適切な処置を行うには、医師やほかの救急看護師とのチームワークが必要不可欠です。医師が次に使いそうな医療機器を予測して準備しておいたり、ほかの看護師のサポートに入ったりすることで、救急処置のスピードが上がります。普段から医師や同僚看護師と信頼関係を築いておく必要があるため、コミュニケーションが得意で、人との繋がりを大切にできる方に向いているでしょう。

 

 

 

救急外来で働くには知識と手技が必要になります。忙しく大変な場所ですが、日々多くの患者が来院し助かる命もたくさんあります。

 

勉強することもたくさんありますが知識が増えることで、救急外来で働くことがさらに楽しくなります。

 

全ての診療科を見ることができるのはなかなか経験できないため、経験できる救急外来はとても魅力的ですよ♪