コラム

理学療法士の転職先

理学療法士の職場はどのような場所になるのでしょう。

主な理学療法士の職場や、それぞれで行われている仕事内容をまとめて紹介します。

 

病院などの医療機関

総合病院はもちろん、整形外科などに併設されたリハビリ施設も理学療法士のフィールドです。
病院の場合、小さな子どもから高齢者まで幅広い人のリハビリを担当することになります。
施設によりますが、診療時間がきちんと決まっているので、残業は少ない傾向があります。

 

介護施設・老人ホームなどの高齢者施設

高齢者の日常生活に必要な動作を維持・回復させるためのリハビリテーションを行います。
自力歩行のできない高齢者の歩行訓練や、立つ・座るなどの動作をより負担を少なくできるように訓練したり、弱っている筋力を回復したりするようなメニューなどを考案します。
高齢者とのリハビリテーションは、本人のほかにその家族とのコミュニケーションも必要になります。
同じ人に長期で関われるため、リハビリの細かい成果を確認しやすくやりがいを感じることも多い職場です。
しかし診療時間などが病院ほどきっちりと決まっていない施設が多く、他の職場に比べて残業が多いといわれています。

 

地域の保健センター・福祉センター

地域の障がい者施設や、保健センターなどでリハビリを行う理学療法士もいます。
地域に根付いた訪問リハビリテーションや、地域の障がい者に対して行うリハビリテーションなどが主な仕事になります。
訪問リハビリテーションを行う高齢者の家族に、自宅できるリハビリメニューの説明を行うこともあります。
診療時間が決まっているので、定時に帰れる施設が多いようです。

 

在宅介護の高齢者のお宅

フリーで活動して、地域で暮らす在宅介護が必要な高齢者宅を回る理学療法士もいます。
事業所に所属して、リハビリを必要とする在宅介護の高齢者のお宅を訪問する理学療法士もいます。
高齢化が進む日本において、今後増えていくことが予想されるフィールドです。
働き方によりますが、フリーの場合は遅くまで働くことも、定時で切り上げることもある程度自身の裁量で決められます。
土日休みが確保しやすかったり、報酬が比較的高かったりするなどの待遇面で恵まれていることが多い傾向にあります。

 

理学療法士養成所などの教育機関

理学療法士のニーズの拡大にどもなって、理学療法士の教育機関も増え、その教員の需要も増えています。
臨床実習指導の経験を積むことによって臨床実習指導者の資格を受験する事もできるようになります。
養成所によって待遇なども大きく違ってきますので、就職の際に条件実際の働き方などについて確認しましょう
できれば働いている人の意見なども聞けるといいでしょう。

 

一般企業

理学療法士としての知識や技能を活かして、一般企業に勤める理学療法士もいます。
リハビリに関する書籍の編集や、介護用品を制作する企業などで介護に関する知識を活かしたりなど、メーカーでその知識を活かせるフィールドもあります。
何をしている企業に就職するのか、どんな内容を担当するのかなどによって、大きく条件が変わってきます。
仕事の内容によっては、時期によって波のある職種も考えられます。就職を決める前に条件や、社内の雰囲気を確認しておくといいでしょう。

 

スポーツ施設

いまや理学療法士のフィールドはどんどん広がっています。理学療法士だからリハビリだけを行うという考え方も変わりつつあります。
スポーツの場面で起こりうるケガのリスクを回避するためのストレッチや、実際の故障からの回復を早めるリハビリなども理学療法士の仕事領域になっています。
理学療法士の資格を活かしながらスポーツに関わりたいと思う人には魅力的な仕事といえます。
ただし就業条件は施設によってかなり開きがあるので、やりたいこととやれる範囲をしっかり確認して就職に備えましょう。

理学療法士の働くフィールドはこのように広がりつつあります。
自分で新しいフィールドを切り開いていくこともまだまだ可能だと思います。
まずは自分に合うフィールドを探して、自分のスキルを磨き知識を増やし、できることを増やしていきましょう。

 

 

近年、養成校が増えたこともあり、理学療法士業界の全体的な年齢は若い傾向にあるため、40代以降の転職の場合は難しくなると言われています。

理学療法士のフィールドは確実に広がっており、高齢化社会の到来に伴い、理学療法士の需要も増え続けることは間違いありません。

働くフィールドを選ばなければ転職先に困ることはないでしょう。

自分が転職したい理由をまず整理して、その理由を解消できる職場はどこなのか、洗い出しから始めましょう。