コラム

訪問看護の面接でよく聞かれる質問

転職活動をされている方もこれからの方も、面接でどんなことを聞かれるか気になりますよね。

本日は、転職活動を成功させるためにも、訪問看護ステーションの面接でよく聞かれる質問例についてご案内したいと思います。

事前に面接の準備をしておくことは、内定に繋がるだけでなく、面接での印象が良いと給与など条件面にも反映されることが多いので、ぜひ参考にしてみてください。

 

面接でよく聞かれる質問と回答例

 

Q1.これまでの経歴について聞かせていただけますか?

<回答ポイント>

「今の職場では得られない知識やスキルを学ぶため」、「利用者の方に寄り添った医療がしたい」、「2025年
問題への力になれる看護師になりたい」等、訪問看護への理解の深さをアピールしておくのが良いです。

 

Q2.前職の退職理由は?

<回答ポイント>

退職理由は転居、結婚などといったやむを得ない理由と絡ませるのがベターです。
「職場の人間関係が嫌になった」、「待遇に不満があった」、「夜勤が辛いから辞めた」などと言ったネガ
ティブな返しをしては絶対にいけません。(嘘も良くないですが正直すぎるのもマイナスです)

 

Q3.訪問看護を希望した理由は?

<回答ポイント>

「在宅だと患者さんをゆっくりみれる」「退院してからも関わりたいから」など、利用者さんを⾧く診ていき
たい事を伝えることがおすすめです。

<例文>

「私はこれまで、○年間病棟で○〇科、○○科での勤務を経験してきました。その中で、患者には退院後の生
活が必要であり、そこへの看護支援というのも重要ではないかと考えました。
在宅医療を経験する事で、更に患者様の生活の中に入り、一人一人と深く関係性を築きたいと
思い、訪問看護師を志望しました。今まで培った〇〇の知識や看護技術を活かしながら、少しでも早く即戦力
として働けるように努力していきます。」

 

Q4.結婚・出産予定はありますか?

<回答ポイント>

今後のご自身のご予定をお話しください。訪問看護ではおおよその受入れ件数が決まっているため、産休や育
休のご予定がある場合に対応が必要なため正直にお答えください。

 

Q5.24時間対応は可能ですか?

<回答ポイント>

ご自身の希望をお伝え下さい。求人情報で業務にオンコール対応が含まれいても、相談すればオンコール対応
日数や時間等、調整してもらえる場合もあります。

 

Q6.残業はできますか?

<回答ポイント>

ご自身の希望をお伝え下さい。相談すれば調整してもらえる場合もあります。

 

Q7 .当社に来て何をしたいですか?

<回答ポイント>

「〇〇の経験があるので活かしたい」「〇〇に興味があるので是非やりたい」などやる気を伝えることが大事です。

 

Q8.なにか質問はありますか?

<回答ポイント>

業務内容(1日の流れ、訪問の件数、訪問以外にする事、急変時にはどういう対応をしているのか等)や、給与
面や福利厚生など気なる点はご質問下さい。就職されてから「そんなこと知らなかった」という思いを減らす
為にも、面接の時に確認しておくことをお勧めします。

 

面接でのポイント

1.事前準備をしておく

接で聞かれる可能性があることはあらかじめ答えを考えておき、話す練習もしておいてください。
また前提として、志望先の病院・事業所のことをある程度知っておく必要があります。
事前にネットなどで入手出来る情報はよく調べておきましょう。

 

2.身だしなみを整える

基本的にはスーツでいくようにしましょう。⾧い髪はしっかりと一つにまとめ、服にシワ・汚れがないかを
チェックし清潔感のある身だしなみが好印象です。
クリニックや介護施設では比較的私服で良いですが、その場合もできるだけフォーマル寄りの服装を心掛けま
しょう。そのほうが間違いが少ないからです。

 

3.面接官の目を見て自信を持って話す

面接になると、緊張してしまうという方も多いと思いますが、面接では自信を持った受け答えをすることが非
常に重要です。たとえ緊張していたとしても、あからさまに態度に示しては不利に働く場合があります。
面接官の目を見て、大きな声でハキハキと話すようにしましょう。

 

 

面接でよく聞かれること、いかがでしたでしょうか?

面接では30~1時間程度の短い時間で自分を的確にアピールする必要があります。面接官からの質問に対して的外れな回答をしてしまい、自分のアピールタイムを減らしてしまうのはとてももったいないですよね!

事前に最低限の回答を準備した上で面接に臨んでみてください。

限られた時間でしっかり自分の魅力を発信できる人は面接官にも非常に魅力的に映りますよ。