コラム

デイサービスで働くメリットとやりがい

職場探しをする時、働きやすさややりがいを求め、そして一度就職したら長く働き続けたいと考えますよね。

今、転職をお考えの方は、介護の仕事に目を向けてみてはどうでしょうか。

 

介護は身体的な負担が大きい上に、勤務時間が条件に合わないと思い込んではいませんか?

一概に介護の仕事といっても、様々な勤務形態のサービス事業が展開されています。

本日は、働きやすさでおすすめのデイサービスについて詳しく解説いたします。

 

 

デイサービスの仕事内容とは

デイサービスは、利用者様のご自宅までお迎えにあがり、入浴、食事、機能訓練、レクリエーションなどを提供する日帰りの介護サービスです。

デイサービスの利用目的は利用者様によって個々に異なりますが、介護職員はケアプランに掲げられている目標の達成を目指して介護にあたることになります。

 

ではデイサービスの特性や仕事内容をご紹介します。

 

<デイサービスとは>

施設に入所せず、日帰りで利用できるデイサービス。

デイサービスを利用するためには、要介護認定を受ける必要があります。

65歳以上で要支援1~2、要介護1~5と認定された方が利用できます。

また、40歳以上~64歳以下でも、介護保険で対象となる特定疾病に該当する方は利用できます。

 

利用目的は個々に異なりますが、デイサービスを利用する場合、主な目的の例としては以下のようなことが挙げられます。

 「1人暮らしで近所に友達もいないので寂しい。他者交流がしたい」
 「家のお風呂は入りづらいので、デイサービスでお風呂に入りたい」
 「同居の家族が働いているため、日中ひとりになるので寂しい」
 「足腰が弱くなって、このままだと歩けなくなるのでリハビリをしたい」

また、自宅で介護をしている家族の介護負担軽減を目的やとしてデイサービスの利用に至る場合もあります。

 

<仕事の流れ>
デイサービスでの介護職員の一日の仕事の流れはおおむね以下のようになっています。

・朝の送迎

デイサービスの送迎車に同乗して、利用者様の自宅にお迎えに行きます。

車への誘導や移乗や移動介助を行います。

専属ドライバーがいないデイサービスでは、介護職員が運転する場合もあります。

 

・デイサービス到着後

バイタル(血圧、体温、脈拍数)の確認と入浴介助を行います。

入浴介助では、誘導や脱衣、洗身や洗髪の介助を行います。

 

・昼食介助

デイサービスでは、利用者様によって提供する食事の形態が異なるので、間違えずに配膳する必要があります。

食事中は、介助が必要な利用者様には介助を行います。

食後は、服薬介助や口腔ケアを行います。

 

・トイレ誘導

デイサービス利用時間中に、利用者様の個々の状態や状況に応じてトイレ誘導や介助を行います。

利用者様の中にはおむつを使用している方もいるので、プライバシーに配慮した対応をします。

 

・レクリエーション

日替わりで、レクリエーションの企画・準備・進行を行います。

デイサービスで行うレクリエーションは、単に娯楽という意味合いだけではなく、心身機能の向上や人との交流、生きがいづくりなどの目的があることを意識して行います。

 

・おやつ、水分補給

3時にはおやつを提供します。

水分補給も行います。

 

・連絡帳の記入、帰宅の準備

帰宅に向けての準備を行います。

連絡帳の記載を行い、家族と情報共有ができるようにします。

口頭で伝えた方が良いことについては送迎担当の介護職員に申し送りを行います。

 

・自宅へ送る

デイサービスの送迎車に同乗し、利用者様をご自宅に送ります。

 

・事業所に戻ってから

帰りの送迎後は、職員同士で1日の業務について、報告・連絡・相談を行います。

利用者の状況を把握し、翌日の業務に備えます。

 

・業務終了

就業終了時間に退社します。

 

 

デイサービスで働くメリット

デイサービスのサービス提供時間は多くの場合、朝から夕方という日中の時間帯です。

そのため、デイサービスで働く職員の勤務時間も8時半前後から5時半前後という事業所がほとんどです。

 

夜勤帯で働くことが難しいという人にとって、デイサービスの勤務時間は魅力的に感じるでしょう。

働きやすい勤務時間と、その他に考えられるデイサービスで働くメリットをみていきましょう。

 

●日勤のみで働ける

デイサービスで働く上で大きなメリットは夜勤勤務がないことです。

そして、施設介護とは異なり早番や遅番もありません。

特に、子育て世代では子供の保育所や学校の時間を考えると、日中の一定時間の勤務をメリットと考える人は多いでしょう。

 

また、土日や祝日を休業日にしているデイサービスでは、子供の行事との兼ね合いも付けやすいです。

それらのことから、子供のいる家庭では、デイサービスで働くことは子育てと両立しやすい環境であると言えます。

 

●経験が浅い人でも始めやすい

施設の利用者様に比べて比較的介護度が軽い方が多く利用するデイサービスでは、基本的に家庭で生活ができている状態といえます。

 

少しの介助や声がけがあれば自分のことが自身でできるという利用者様が多いので、介護職員の身体的負担も軽いといえます。

また、意思伝達や意思疎通ができる利用者様もが多いという点でも、介護経験が浅い介護職員でも対応しやすいでしょう。

 

デイサービスで働く上でのやりがい

介護の仕事をしていてやりがいを感じる瞬間は、利用者様に感謝されたときや、笑顔を見たときです。

自分の仕事が誰かに必要とされ、役に立っていると感じたとき、私たちはやりがいを感じます。

デイサービスでは、介護職員として働く上で、自分の良さを発揮できる場面がたくさんあります。

 

●特性を生かせる

デイサービスのメインの業務でもあるレクリエーション。

デイサービスで行われるレクリエーションはバラエティに富んでいます。

 

書道や絵画、音楽など自分の特技や趣味を生かしてレクリエーションを盛り上げることができます。

歌が得意な介護職員が歌を披露したり、利用者様と一緒にカラオケや民謡を歌ったりすると場が盛り上がります。

刺し子などの針仕事をするレクリエーションでは、針仕事が得意な介護職員が手本を示しながら作業を進めますが、利用者様自身のやり方やアイディアが出てくることもあります。

より良い作品に仕上げるために利用者様と介護職員が楽しみながら共同で作業を行うこともあります。

 

●利用者様の喜ぶ姿を見られる

介護の仕事の醍醐味は、利用者さんが喜んでいる姿を見ることでしょう。

デイサービスに通ってくる利用者様の目的は、入浴や他者交流など様々です。

 

デイサービスのお風呂にゆっくり浸かって満足される利用者様の「気持ちいい」の言葉を聞いたときや、レクリエーションではじけるような笑顔を見ると介護する側としても嬉しい気持ちになります。

利用者様の喜ぶ姿を見るとまた頑張ろうという意欲がわき、仕事のやりがいを感じることができます。

 

●利用者様とコミュニケーションを取りながら仕事ができる

一般的に、デイサービスに通ってこられる利用者様は入所施設と異なり介護度が低いです。

そのため、コミュニケーションを取りやすい利用者様が多いです。

 

入浴や食事、レクリエーションなどにおいても利用者様と会話や交流をしながら業務を行うことができるので、介護する側としても関わりやすいと言えます。

利用者様と介護職員が十分にコミュニケーションを図ることができれば、利用者様が本当に必要としている介護が何かを知ることができます。

 

また、今まで気が付かなかった新たなニーズを発見するきっかけにもなり得ます。

そして、新たなニーズをケアマネージャーに提案ができることで、ケアプランが利用者様にとって最適な内容に変化していくことができます。

これは質の高い介護を提供できることに繋がる重要なことです。

 

 

最後に・・・

デイサービスは子育て中のお母さんや決まった時間帯で働きたい方、コミュニケーションを取ることが好きな方におすすめの介護の職場です。

自分の特技や趣味を生かしてレクリエーションで活躍することもできます。

また、介護経験が浅い方でも始めやすいので興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。