コラム

整形外科の施設形態と、リハビリ職に求められること

本日は、整形外科の施設についてご紹介しています。

仕事内容や整形外科のリハビリ職に求められることなど、入職前に読んでおきたい内容となっていますので

転職を考えている方や、興味をお持ちの方は、ぜひ参考にして下さいね。

 

 

整形外科とは?

整形外科とは、身体の運動器官(骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経)などの病気やケガを診療する外科です。

整形外科には、入院可能な「病院」と外来を主としている「クリニック(診療所)」があります。

一般的に、整形外科といえば捻挫や骨折をした際に行く、クリニック(診療所)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

治療対象となる部位は、背骨や骨盤といった身体の土台となる骨や手足です。

診療する疾患は、手足の怪我から病気まで多岐にわたり、運動器の機能改善を目的としています。

 

整形外科で扱う疾患例が以下です。

 

【怪我】
手足の怪我:切創・打撲・捻挫・脱臼・骨折 など

特殊な怪我:切断・神経損傷・血管損傷・ムチウチ損傷・スポーツ障害 など

 

【病気】
肩こり・神経痛・腰痛・ヘルニア・中高年の変性疾患・五十肩・変形性膝関節症・骨粗しょう症

リウマチ・先天性股関節脱臼・内反足・骨や筋肉の腫瘍 など

 

 

整形外科の仕事内容

整形外科は大きく分けて病院とクリニック(診療所)2つの施設があります。

基本的な仕事内容は、どちらの施設もそれぞれの専門性を活かしたリハビリを行いますが、働く施設によって治療時間や担当する患者数などの違いがあるので解説していきます。

 

▼クリニック(診療所)の仕事内容

クリニック(診療所)の場合、主に外来患者さんのリハビリを実施します。
対象となる患者さんは、腰痛や骨折、スポーツ障害など痛みや可動域に制限がある方がほとんどです。
そのため、セラピストは機能制限に対するリハビリの実施だけではなく、患者さんが自宅で行えるトレーニングの指導なども行います。
患者さんを治療する時間は、約20分前後と短く一日に担当する患者数が多いということもクリニック(診療所)の特徴の一つです。

 

▼病院の仕事内容

病院の場合、入院している患者さんには機能回復だけではなく、在宅復帰に向けた治療も行います。
手術直後の方を担当することもあるため、リスク管理の知識や合併症などに対しての知識が必要です。
病院で行うリハビリは、患者さん一人に対する治療時間が約60分前後と長いため、一日に担当する患者数はクリニックより少なめ。
しかし、病院での勤務は多職種との連携もあるため、連携に必要な資料作成など事務作業や会議といった仕事が多いのは病院勤務の特徴といえます。

 

 

整形外科のセラピストに求められること

整形外科は、病院もクリニック(診療所)もお子様から高齢者まで幅広い年齢層や疾患の患者さんが来院します。

そのため、さまざまな疾患に対するリハビリの“知識”や“対応力”が求められます。

患者数が多く治療時間の短いクリニックや診療所では、短時間でどれだけ痛みを和らげられるかや可動域を広げるらけるかなど、リハビリの結果を出すことが必要です。

また病院で働くセラピストは、手術後の患者さんを担当することもあるため、病気に対する知識やリスク管理はもちろんのこと、いかに機能回復させ在宅復帰に繋げられるかが重要になります。

病院とクリニック(診療所)で担当する患者数は異なりますが、整形疾患に興味があり多くのリハビリ経験を積みたいという方におすすめな診療科目といえます。

 

 

整形外科で働くには

整形外科で働くには、病院やクリニック(診療所)のホームページや求人情報からセラピストを募集している施設を探し、面接を受ける必要があります。

しかし、数多くの求人情報から気になる施設を探し、どんな職場なのか一つひとつリサーチするのは時間もかかり大変ですよね。

求人情報やホームページだけでは分からないことも多いため、就職後に「思っていたのとちがった」と後悔する方は少なくありません。

できれば、事前にしっかりと職場の雰囲気や待遇面などを見て決めたいと思う方は多いはず。。。

 

そんなときは、弊社jobopeにお任せください!転職のプロが就職先を探すサポートをいたします!

 

専任のアドバイザーが希望条件や悩みなどをしっかりとヒアリングし、あなたに合った求人を探しご紹介いたします。

働いてみると想像と違っていた、条件が違っていたなど、転職活動で失敗しないためにも、事前に職場の雰囲気や条件をしっかりとお伝えし、見学の予約もいたします。

また、希望者には最大2日間の体験入社を提供しております。

職場環境、雰囲気、夜勤対応の有無、移動手段、職場での服装、休暇等について直接確認することができます。

段階を踏むことによってイメージを掴んでからの入社の判断になるため、より理想の働き方を追求できます。

入職までアドバイザーの手厚いサポートがあり、自分に合った職場を見つけられるため後悔のない就職ができますので

気になる方は、お気軽にお問い合わせください。