コラム

無資格からスタートできる医療・介護・福祉の仕事

「医療」「介護」「福祉関連」の仕事に就職したくても、職種選びで悩んでいる人も多いです。

また、資格の有無で、諦めているという人もいるのではないでしょうか?

しかし、無資格でOKという仕事もあるので、いくつか例を挙げてご紹介いたします。

 

 

.歯科助手

歯科クリニックの受付や診察の補助的な仕事を担います。

直接治療に参加することはありませんが、事務的な仕事のかたわら医療器具を用意したり、

歯科医師や歯科衛生士に器具や薬を手渡したりすることも。カルテの整理や、院内の掃除も行い、

歯科クリニックの運営全般を影で支える仕事です。

受付や電話の対応を任されることも多いので、接客経験などがあると歓迎されやすいでしょう。

 

.看護助手

歯科にとっての歯科助手のように、病院やクリニックには看護助手がいます。

歯科助手と同様に治療行為はできませんが、治療に必要な医療器具の管理、簡単な事務作業などを行います。

患者さんの介助や入院病棟の清掃、ベッドメイキングなども行うので、患者さんとの接触も頻繁になります。

看護助手は医師や看護師をサポートするだけでなく、患者さんのサポートも行うことができるのです。

 

.無資格可の介護職

介護の現場でも無資格、未経験から始められる仕事があります。

それは、食事の準備や洗濯、薬の受け取りなど、直接利用者さんに触れない「生活援助」と呼ばれるもの。

このような利用者の生活を支えるような業務は無資格でも行えます。生活援助は、介護に欠かせない業務なので、

就業先は有料老人ホームやグループホーム、デイサービスなど、多岐にわたります。

 

.生活支援員

生活支援員は、障がいのある方が円滑な日常生活を送れるように、入浴や排せつ、食事のサポートをしたり、

生活能力の向上のために必要な訓練を行ったりする職種です。

主な就業先は、施設入所支援や就労継続支援の事業所、障がい者グループホームなど。法改正による

障がい者福祉サービスの拡充によって、生活支援員の活躍の場は今後さらに広がっていくと予想されています。

 

.整体師/セラピスト

仕事内容は主に施術による身体の症状の改善です。

この施術にはいくつもの種類があり、治療院やサロンによって得意とするものは異なります。

また、比較的規模が小さく少人数で回している事業所も多いので、施術のほかに受付や事務の業務を任されることもあります。

具体的には、予約や来院の際の受付、アフターフォローの説明、次回の受付などがあげられます。

 

 

未経験や無資格は入職後の「のびしろ」が大きい!

慢性的な人手不足の医療・介護・福祉の業界にとって、専門職のサポート役は救世主的な存在です。

こうした担い手がいてくれるので、専門職は自分の仕事に集中できるという側面もあります。

一方で、無資格者の資格取得を後押しするような制度を設けた事業所もあります。

こうした制度を利用すれば、現場で経験を積みながらステップアップもはかれます。

自分の適性を探るうえでも、こうした職場の経験はきっと役に立つでしょう。