コラム

「施設ケアマネ」と「居宅ケアマネ」の違い

ケアマネージャーには「施設ケアマネ」と「居宅ケアマネ」があります。

本日は、それぞれの仕事内容の違いについて解説いたします。

 

 

 

 

 

 

 

<居宅ケアマネ>

「居宅介護支援事業所」を職場とし、対象となる利用者さんは利用者在宅で介護サービスを受けているため、利用者の自宅を訪問します。

事業所内で、利用者さんの生活状況に合わせたケアプランを作成することなどが主な仕事内容となります。

介護サービスは多岐にわたるため、状況に合わせてケアプランの見直しを行い、利用者さんに合ったサービスが受けられるように調整し、専門職の方々が上手に連携を取れるようにスケジュールの管理や意見の調整を行います。

 

居宅ケアマネは利用者さんの自宅に出向くため、利用者さんの意向と現状を把握する必要があります。

利用者さんによって利用する事業所もさまざまで、それぞれの事業所のスタッフと連携を取り、担当者会議も開催します。

そのため、利用者さんと関連機関との時間調整を行いながら、各事業所のスタッフとのコミュニケーションを密にとる必要があります。

 

 

<施設ケアマネ>

施設ケアマネの場合は特定の施設に勤務し、その施設内の利用者さんのケアプランの作成を行います。

居宅ケアマネと違い、ケアプランを受け持つ対象者が施設内の利用者さんに限られていますが、施設の利用者さんのその日1日のプランニングを行うケアプランの作成だけでなく、ヘルパーさんと一緒に介護業務を行ったり、他の業務も行います。

そのため、施設によって仕事内容が少し異なっていたり、施設によっては夜勤を受け持つこともあります。

勤務時間は施設の1日の流れに準ずるため、居宅ケアマネのように利用者さんの都合などによってスケジュールを管理する必要がほとんどありません。

 

施設ケアマネは施設内のスタッフと密に連携を取りながら、作成したプランがスタッフの負担になっていないか、かつ、利用者さんに適切なサービスを行えているかを考えながらケアプランの作成を行わなければなりません。

 

 

<受け持ち担当件数の違い>

居宅ケアマネと施設ケアマネは同じケアマネージャーですが、受け持つ担当件数に大きな違いがあります。

 ●居宅ケアマネの担当件数:最大35件程度

 ●施設ケアマネの担当件数:最大100件程度

 

居宅ケアマネは利用者さん宅への訪問・時間調整で勤務時間が左右されるといった側面もあります。

 

 

急速に進む高齢化社会によって、ケアマネの需要はますます高まっています。

看護・介護系の仕事に従事している方は、今後の仕事に活かすためにもケアマネの資格取得を目指してはいかがでしょうか。

 

また、すでにケアマネの資格を持っている方・転職を考えている方は、より自分に合った環境で働くためにも、

得意・不得意や理想の働き方を整理し、慎重に職場選びをすることが大切です。