コラム

特別養護老人ホームとは?給料や仕事内容・働くメリットをご紹介

「介護職として働く」といっても、介護の仕事にはさまざまな職種や施設があります。

そのため、それぞれの事業所や施設によって仕事内容はもちろん給料にも違いがあるのです。

そんな介護施設の中でも介護度の高い利用者が多い「特別養護老人ホーム」(略して“特養”と言われています)で

働く場合の業務内容や平均給料、働くメリットなどを解説します。

 

 

  1. 特養とはどんなところか

 

高齢者向けの施設がさまざまある中で、公的な介護保険が利用でき長期入所が可能なので人気がある施設です。

特養は基本的に要介護3以上の人しか入所できないので、介護度の高い利用者が多いのも特徴の1つといえるでしょう。

病院や老健とは異なり、退院や退所をする必要がないので「終の棲家」として入所する人も多いです。

 

 

  1. 特養での給料の平均

 

特養とホームヘルパーの平均給料を比較すると下記のようになります。

 

常勤

非常勤

特別養護老人ホーム

300,2680円

160,7400円

ホームヘルパー

260,4680円

150,3570円

 

ただし、特養の中でも施設によって給料には差があります。

例えば、「夜勤手当」。特養には夜勤があり、1回の夜勤に対しての手当てがつきます。この夜勤手当は、ある施設は7,000円だったり、別の施設では4,000円だったりします。

もし、月に5回の夜勤をしたと仮定すると、前者の施設では35000円の夜勤手当がつくのに対し、後者の施設では2万円の夜勤手当になります。

このように、それぞれの施設によって夜勤手当だけを見ても15000円の差が出るのですから、月給になるとその比ではないでしょう。

 

 

  1. 特養での主な仕事内容

 

特別養護老人ホームで勤務するスタッフは、入居者が快適に生活できるように次のような仕事を行います。

 

・食事、排せつ、入浴の介助

・ベットシーツの交換

・レクリエーション

・健康管理

・身体機能の回復サポート

・入居者の見守り

・介護記録の作成   など

 

特養では、昼夜問わず介護を行うので、夜勤や早出、遅出などがあり、

他の介護施設と比べて要介護度の高い利用者が多い為、高い介護技術や迅速な対応が求められます。

その分介護スキルの向上が見込めるため、特別養護老人ホームで働いた経験は転職のスキルアップにも役立ちます。

 

 

  1. 特養で働くメリット

 

前述のとおり、特養には要介護度の高い利用者が多いので、自然と介護技術の向上が見込めます。

人を相手にする介護は教科書通りにはいきません。11人の利用者の疾病や状況に合わせて介助方法が異なるため、

11人の介助に当たっているうちに何通りもの介護技術が身に付くのです。これは、介護士にとって財産になります。

なぜなら、別の介護現場で働くことになったとしても、経験から得た知識を活かして個々に合った介護方法を見つけることができるからです。

そのため、「特養で働いていました」というと「介護のプロ」という認識を持たれ、どこの現場でも重宝されるでしょう。

 

 

特養には、介護度が重く寝たきりの人や認知症の人、麻痺のある人などさまざまな利用者がいます。

そのため、他の事業所では得られない経験ができるはずです。さらに、特養にはいろいろな性格の利用者がいるので、介護技術以外に利用者との関わり方も学ぶことができます。

特養での経験を活かし、活躍できる場を広げてみてはどうでしょうか。