コラム

病院勤務介護士の仕事内容とメリット・デメリット

介護職員の活躍の場は介護施設や訪問介護だけではありません。

病院での看護助手として働くことも可能です。

本日は、病院勤務の介護士の仕事内容についてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

<病院勤務介護士の役割>

入院している患者さんの介助や身の回りのお世話などを行う看護補助的な役割なので、

介護士ではなく看護助手という肩書になることがほとんどです。

基本的には医師や看護師の指示のもと業務を行います。

 

 

<具体的な業務>

◆患者さんの生活全般のサポート

 ・食事の配膳、解除

 ・入浴介助、清拭

 ・排せつの介助

 ・衣類の着脱

 ・体位交換

 ・移乗介助

 ・環境整備

 

◆看護師の業務のサポート

 ・患者への付き添いや案内

 ・事務作業

 ・医療器具の清浄

 ・患者さんの生活のケアの記録

 ・他職種とのカンファレンス

 ・ナースコール対応

 

 

<病院と施設の違い>

介護施設は生活支援や介助を行い利用者さんのサポートをしますが、

病院は介護するのが主目的ではなく、病気や怪我の治療と回復を目的としています。

 

もちろん必要に応じて介護をしますが、それが主業務ではなく、医師や看護師が円滑に患者さんの

治療・診療を行えるようにサポートするのが病院勤務の介護士の役割となります。

また、介護施設で行われているレクリエーションやイベント、年間行事などはありません。

 

 

<メリット>

1.福利厚生が充実している

当たり前ですが、介護職員、看護助手も病院職員になるので、病院の福利厚生を受けることができます。

 (例)

 ・住宅手当

 ・資格手当

 ・社員食堂

 ・院内託児所

 ・資格取得支援制度

 ・医療費・人間ドック費用補助

 ・宿泊施設利用

 ・財形貯蓄

 ・退職金制度

 

病院やクリニックでは、医療や健康、ライフサポート面の待遇が充実しているところが多いので、

給料などの待遇面だけではなく、どういった福利厚生があるのかも確認してみてください。

 

2.幅広い患者さんと接することができる

施設と違い、病院勤務の介護士は高齢者だけでなく、幅広い年齢層の患者さんと接することができるので、

様々な年代の方のお世話をしたい方、身体介護よりも清掃や環境整備などを中心業務としたい方にはお勧めです。

 

3.医療知識がつく

病院では、医療の専門用語が飛び交い、医療ケアも日常的に目の当たりにします。

医療行為を行うことはありませんが、そのような環境で働くことで医療用語や医療器具の使い方などの知識を身に付けることができます。

 

4.患者さんの回復を見届けられる

治療を行い、回復し元気になっていく患者さんの手助けができるというのは、施設介護ではなかなかお目にかかれない光景です。

施設とはまた違った喜びがあるのが病院勤務の良いところです。

 

 

<デメリット>

1.医師や看護師との関係性

決してどの職種が上とか下とかはないですが、現場では、やはり医師や看護師が中心となって業務が進められていくことで、

見えない上下関係にストレスや居づらさを感じてします介護士の方もいます。

 

2.理想の介護ができない

経験豊富な介護職員でも自分の意志で判断して対応できることは少なく、看護師の指示を仰がないといけない場合が多いので、

介護施設で主体的に業務に取り組まれてきた方にとっては、もどかしさを感じてしまうかもしれません。

 

3.風邪などの感染リスク

病院は日常的に風邪などの感染症の患者さんが訪れるので、介護施設より自身が感染するリスクが高くなってしまいます。

 

 

このように、病院での勤務は看護補助や環境整備などの業務が中心となり、施設のように高齢者の介護業務がメインではありません。

 

病院勤務に興味がある介護職員の方は、ぜひ参考にしてくださいね♪