コラム

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事内容と必要資格

訪問介護員(ホームヘルパー)とは、介護保険法に基づいて定められた在宅で介護を必要とする高齢者の介助を行う介護職員のことを指します。

仕事内容は大きく「身体介護」「生活援助」「通院介助」の3つに分かれます。

具体的にどのようなサービスを提供しているのか、また必要資格についてご説明いたします。

 

■訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事内容

.身体介護

利用者さんの体に直接触れるような介護のことを言います。

 <具体的な仕事内容>

 ・食事介助

 ・入浴介助

 ・排せつ介助(トイレへの移動、おむつの交換など)

 ・着替えのサポート

 ・服薬介助

 ・見守り など

 

これらはどれも生活に欠かせない行動の援助であり、これ以外にも多岐にわたり身体の介護を行います。

また、必要に応じて下記の専門知識や研修が必要となる支援も行います。

 ・ミキサー職や糖尿病食などの特別な食事の調理

 ・たんの吸引など医療資格がなくても行える医療ケア 等

 

.生活援助

身体の不調などによって日常的に行えないことを支援のことを言います。

 <具体的な仕事内容>

 ・部屋の掃除

 ・洗濯

 ・食事の提供

 ・買い物代行 等

 

利用者さんの快適な日常生活のために必要なこと全般を行います。

直接的な援助を行う身体介護とは異なり、洗濯や掃除などを間接的にかかわる部分を援助することで、自宅での快適な生活を維持することを目的としています。

 

.通院介助

一人では通院が難しい利用者さんもいらっしゃるので、ご家族に代わって、利用者さんを病院へ送迎するのが通院介助です。

自宅まで自動車でお迎えに一基、昇降介助しながら病院の受付まで案内します。

 

基本的に院内では病院スタッフが付き添うことになるため、訪問介護員は院内で一緒に行動することはありません。

ただし、病院のスタッフが対応できないなどの特別なケースの場合は、受信化への移動なども行います。

院内で付き添う場合には、待合中の排せつ介助や食事介助が必要となることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問介護員ができないこと

訪問介護員の行うケアは、原則として「利用者さんが毎日の生活を送るために必要なこと」になります。

そのため、普段から行わないことや特別なことはケアの対象外になります。

 

<対象外の具体例>

・家具の模様替え

・嗜好品の買い物代行

・利用者さんのご家族の食事作り

 

さらに、内服薬の仕分けや管理は医療行為に該当してしまうため行えません。

 

訪問介護と訪問入浴

「訪問入浴サービス」と訪問介護での入浴介助を同じだと思われがちですが、訪問介護では、自宅のお風呂で入浴、訪問入浴では、簡易浴槽を用意しての入浴

という違いがあります。

また、訪問入浴では介助する介護スタッフが2名、バイタルチェックのための看護師が1名で対応します。

 

訪問介護と訪問入浴は混同して覚えやすいので気をつけましょう。

 

必要資格

訪問介護員(ホームヘルパー)として働けるのは、「介護職員初任者研修」の修了者です。

以前は、「ホームヘルパー2級・1級」という資格がありましたが、2013年より介護職員初任者研修などが始まったことで廃止されました。

 

介護職員初任者研修は、ホームヘルパー2級に相当する資格で、130時間の講義を受けカリキュラム達成後に実施される試験に合格することで修了となります。

介護職員初任者研修では、介護の基本的な理念や知識を学びます。

もし、もっと上の資格を目指したい方は、ホームヘルパー1級に相当する上位資格である「介護福祉士実務者研修」という資格もあります。

 

 

 

訪問介護員(ホームヘルパー)は、利用者さんのご自宅でケアをする介護士です。

一人ひとりの意向に合わせ、その人らしさを大切にできる点が一番の魅力でしょう。

 

また、料理や洗濯など普段何気なくやっていることが活かせるため、初めて介護の仕事に挑戦したいと考える方にもぴったりです。

働き方もある程度自由に調節でき、パートなどすきま時間に働きたい方にもぴったりなので、

新しい働き方として訪問介護員を目指してみてはいかがでしょうか。