コラム

理学療法士(PT)とは?仕事内容もご紹介

 

理学療法士とは病気やケガ、加齢などで身体機能や運動機能の低下がみられる場合に、「寝返りをする・座る・立つ・歩く」といった基本的な日常生活動作の獲得・改善を目指し、運動療法や物理療法を用いて治療を行う「動作の専門家」です。

 

<仕事内容>

1.動きの学習と指導

リハビリは、けがや身体の障害の程度によって段階的に行われます。

 

病気やケガ、手術をされた方は、体の回復が早くなるように発症後又は手術後できるだけ早い段階でリハビリを行います。

 

医師の指示に基づき「失われた身体の機能をどういったリハビリによってどの程度回復させるか」について問題点を抽出し、基本動作能力の改善や正しい動きの学習と指導を行います。

反復運動を繰り返しながら筋力を強化させ、間接の可動域を広げることで運動能力が向上もしくは低下の抑制につなげます。

 

2.患者さんの自立に向けたサポート

身体の状態が安定した患者さんには、自宅に戻り自立できるよう患者さんの生活に合わせたリハビリを行います。

その際、具体的な日常江動作の回復を目指す「作業療法士(OT)」「言語聴覚士(ST)」と連携してリハビリを行うことがあります。

食事や着替え、入浴やトイレなどがスムーズにできないと自宅に戻った時に困るためです。

 

理学療法士が建ったり歩いたりという基本動作のリハビリを行い、作業療法士や言語聴覚士が食事やトイレなどが自分でできるようになるためのリハビリを行っていきます。

 

理学療法士と作業療法士、言語聴覚士が連携して、患者さんの身体の機能を回復する・日常生活に戻れる(自立する)ようにする、などの共通点の目標のもと、それぞれの立場でリハビリ計画を立てサポートします。

 

3.患者さんの自立に向けたサポート

痛みの強さや関節・筋肉の可動域に関して各種検査を行い、評価するのもリハビリにおいて大切な理学療法士の仕事です。

 

医師の指導だけではリハビリは行えません。

患者さんの実際の状態と医師の診療内容があって初めて、リハビリ計画が患者さんに寄り添ったものになります。

リハビリの具体的な内容について、しっかり計画を練ることが効率的なリハビリを行うためには必須といえます。

 

 

<理学療法士が行うリハビリ方法>

◆運動療法

身体の全部または一部を動かして症状の改善や機能の回復を目指すもので、麻痺の回復を促す訓練、筋力や関節の動きを正常な状態へ近づける訓練、平行棒や杖や歩行器で歩く練習を行ったりします。

 

◆物理療法

温熱治療、電気治療など物理的な刺激を与え、痛みを軽減することや血流の循環を良くすることで運動の効果を高めます。

 

これらを組み合わせて患者さんに合ったリハビリを行います。

 

 

リハビリを専門とする理学療法士の仕事は、医療機関はもとより介護施設でも必要とされています。

特に近年の著しい高齢化で、要介護の高齢者の身体機能向上だけではなく、介護予防のための身体機能維持や向上にも注目が集まっています。

そういった中で、正しい方法で適切なリハビリを実行できる理学療法士は、ニーズが高い職種です。

 

今後、高齢者数増加に伴いリハビリを必要とする人も増加が見込まれるため、需要もさらに増えていくでしょう。