コラム

介護福祉士とはどんな資格か?

介護に関わる仕事に興味があり、介護福祉士になりたいと考えている人もいるでしょう。

本日は、介護福祉士の具体的な仕事内容や、資格取得のメリットについてご説明します。

ご興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

<介護福祉士とは

介護福祉士は、別名「ケアワーカー」とも呼ばれ、福祉に関する相談や介護を依頼に対応できる専門スキルを持つ人材を養成し、「在宅や施設における介護の充実強化を図ること」「国民の福祉を向上させること」を目的として制定された国家資格です。

要介護の高齢者や障がいのある方に対して、スムーズな日常生活を営めるように、一人ひとりの状況に応じた介助をしたり、介護に関する相談や指導を行ったりすることが主な仕事になります。

 

 

<介護福祉士の仕事内容>

(1)身体介護

着替え補助、食事補助、排泄補助、入浴補助、立ち上がり補助、歩行補助といった身体に関わる補助

 

(2)生活援助

食事の準備、清掃、整理整頓、買い物、洗濯などの生活に関わることの援助

 

(3)相談・指導業務  

介護サービス利用者へ:話し相手になる、介護についての相談や助言を行う など

介護サービス利用者のご家族様へ:介護方針の相談、介護用具を使う時の指導、自宅介護の注意点を助言など

 

以上の内容が主な仕事ですが、介護福祉士になるとさらにできる・任せられる仕事が増えます。

 

()職員のタスク管理や教育

介護福祉士資格を取得すると、職場のリーダーとして、他の職員へ仕事の割り振り、現場がうまく回るように

指示や新人職員が入職した際の教育を行い、サービスの質の向上を図ります。

施設内の細かいルールや仕事内容を確実に伝えるための重要なポジションとなります。

 

()2つの医療行為

実務経験ルートで介護福祉士の資格を取得する際の実務研修で、喀痰吸引(定期的に痰を取り除く)や経管栄養(体外から管を通して水分や栄養を投与する)といった医療行為を学ぶため、医師や看護師の指示のもと、喀痰吸引、経管栄養を行うことができます。

そのため看護師が在中していない施設では、頼りにされることも増えます。

 

()職員のメンタルケア

職員の業務に対する相談や、話を聞いてあげることも重要な役目です。

悩みや業務内で感じていることを聞き、解決策を一緒に考えることでより良い関係を築き上げることができ、同時に、働きやすい環境を目指すための大切な業務です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<介護福祉士取得のメリット>

 

①給与・待遇が良くなる

介護福祉士資格を持っていると、実務者研修や初任者研修資格に比べてひと月辺り約2万5,000~2万8,000円給与が高くなります。

さらに資格なしの介護職員と比べた場合には、約5万円もの給与差が出てきます。

 

【厚生労働省|平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果】

介護福祉士

実務者研修

初任者研修

資格なし

平均給与

313,920

288,060

285,610

261,600

実労働時間

163時間

165.1時間

164.2時間

163.5時間

平均勤続年数

8.4

6.5

6.8

5.2

平均年齢

43.3

45.9

45.4

38.7

 

転職に有利

介護業界は慢性的な人材不足で、即戦力となる人材はとても重宝されます。

介護福祉士資格を取得していれば、希望する転職先には「即戦力になりそうだ」と期待してもらえますし、介護福祉士の資格があるということで、専門的な知識を持ち、スキルがあることを証明でき、

さらに、介護士よりもできることも増えるため、介護業界での転職が有利になります。

 

スキルアップ・キャリアアップ

介護福祉士の資格は、認定介護福祉士、ケアマネージャー(介護支援専門員)を目指す際にも必要になってくる資格で、早めに介護福祉士になれば、それだけ早く次のステップにも繋げられます。

さらに、多くの事業所は、介護福祉士の資格を保持していないと役職を与えることができないので、資格を取得することで管理職に就くなど、活躍の場が広がります。

 

 

介護福祉士は、未経験や無資格からでも取得を目指せる資格です。

資格取得によるメリットは多く、今後も高い需要が見込めるので、ぜひ資格取得を目指してみてください♪