コラム

介護施設の種類と特徴

介護施設は、目的や入居条件によりさまざまな種類があります。

本日は5つの介護施設の特徴をご紹介いたします。

 

 

1.特別養護老人ホーム(特養)

特別養護老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。

寝たきりや重度の認知症などの常に介護が必要な高齢者が入所する施設です。

 

介護職の仕事は身体介護が中心となり、食事介助や排せつ介助・入職介助・移動介助・シーツ交換などで、

他にも入所者の日々の状況をご家族にお伝えしたりもします。

勤務は交代制で日勤・夜勤・早番・遅番などに分かれて24時間入所者のお世話をします。

 

 

2,有料老人ホーム

有料老人ホームは、民間企業が運営しており、「健康型」「住宅型」「介護付」の3タイプあり、

介護職が活躍するのは「介護付」タイプです。

有料老人ホームでは、日常生活に必要な介護サービスを利用者一人ひとりに合わせて提供しています。

入所者の状態はさまざまで、要介護度の重い入所者には特養と同じように身体介護を中心に行い、比較的元気な入所者には、

外出の付き添いやレクリエーション活動のサポートを行います。勤務体制は特養と同じく交替制です。

 

 

3,介護老人保健施設(老健)

医師の管理下で、介護やリハビリを行い入所者の自立支援や在宅復帰を目指す施設です。

交替勤務・24時間体制は特養と同じですが、理学療法士の指示に基づいて介護職がリハビリを行うこともあります。

リハビリを目的にしているため3か月程度の入所者が多く、入所者一人ひとりの特徴を短期的に把握する必要があります。

 

 

4,デイサービス

デイサービス施設は、介護度が低い高齢者が自宅から通いで、介護サービスを受けに来られます。

食事やリハビリ、レクリエーションなどを提供し、入所者やその家族の負担を減らし、生活を活性化させることを目指します。

 

 

5,訪問介護

訪問介護員が利用者の居宅を訪問して、家事や身体介護を行うサービスです。

原則一人で訪問し、食事・トイレ・入浴といった基本サービスのほか、家事手伝い・病院への付き添いといったサービスを提供します。

 

 

介護施設といってもさまざまな特徴がありますよね。ぜひ、参考にしてみて下さいね(^^)