コラム

小児科看護師さんのお仕事

小児科の看護師さんには、どのような役割があるのでしょう?

本日は、特徴的な役割や、よく行う手技等についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小児科では、原則0歳から1516歳、病院によっては18歳までの「幅広い年齢の子どものケア」を行います。

ただし、脳性麻痺などの先天性疾患などで、小児科の医師が継続して主治医となっている場合は、20歳を超えても小児科に入院する患者さんもいます。

 

「授乳」から「思春期の子どものメンタルケア」まで必要な幅広い年齢の子どものケアを行うので、身体機能の成長段階、

認知力などの発達段階、変化の大きい期間について等の網羅的な知識が必要とされます。

 

子どもの年齢(発達段階)によっては、自分がどうして入院しているのか、どうして治療を受けなくてはいけないのかを理解していない、

例え理解をしたとしても、「自分が病気であること」を受け入れることができず、精神的に不安定になる場合もあります。

そういったときに子どもたちが安心して治療に取り組めるように、検査や処置について実施前に絵や人形、

最近では動画を使った説明グッズなどを使用し、保護者と子ども本人に具体的に説明します。

 

これを「プレパレーション」と言い、小児科看護師の重要な役割になっております。

 

そのほかにも、処置やお薬に関して子どもでもわかるような言葉で表現して伝える工夫も必要です。

(例:聴診器なら「もしもし」など)

 

また、小児科では子どものケアと同時に、親や保護者と適切にコミュニケーションをとり、不安を和らげたり、

自宅でのケアの方法(ぜんそくの発作時の吸入器の使い方など)を伝えるなど家族のケアも重要な役割の一つです。

 

医師の治療方針についての説明を補助したり、質問に答えることもあり、その中で親の意見ばかりが尊重され、

子どもがどうしたいかのどの意見がなきものとされないようにする考え方を「インフォームド・アセント」と言います。

「インフォームド・アセント」とは、これから実施する行為等について、医療従事者が子どもに理解できるようわかりやすく説明し、

その内容について子どもの納得を得ることを指しています。

 

親の不安や意見に気を配りつつ、子どもの意思も尊重できるように関わり支援することが、必要となってきます。

 

他にも総合病院や、大学病院で、NICU(新生児特定集中治療室)、GCU(継続保育室、回復治療室、発育支援室など)、

PICU(小児集中治療室)、小児外来が稼働している場合は、人手が足りないとき、緊急のときにヘルプに行くこともあります。

ただ、小児科のナースは授乳などの技術があるとはいえ、NICUや小児外来では、また別に必要な知識や技術があります。

そのため、ヘルプに駆り出されるのは、ベテランナースがほとんどのようです。

 

また、小児科に入院している子どもたちについては、他科のコンサルテーション(潰瘍ができてしまった場合は皮膚科の

コンサルテーションを受けるなど)が必要となる場合もあります。

 

コンサルテーション自体は、医師間で行われますが、スケジュールを把握・調整し、子どもへの説明、

ほかの処置やケア・検査のスケジュールの組み立ては看護師の役割です。