コラム

手術看護師(オペナース)の役割とは?

手術室看護師(オペナース)とは、周術期にある患者さんが安全安楽に手術に臨めるよう、患者さんの立場に立った介入を行い、

手術が円滑に遂行えるよう手術室内外で介助を行う看護師のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は手術室看護師さんの役割と、手術以外の時は何をしているのかをご紹介いたします。

 

 

<手術看護師の役割>

手術看護師の役割は大きく分けて「器械出し」と「外回り」の2つに分かれます。

 

1つの手術につき手術室には、「器械出し」1人、「外回り」1

という体制が基本的ですが、病院によっては外回り2人体制をとっているところもあります。

外回りが2人の場合は、「記録者」と「患者ケア・物品だし」の2つの役割を分担することが多いです。

 

〇器械出しとは

手術中の医師にメスやペアンなどの器具を渡す業務のことです。

 

手術前に、使う器械のセッティングを行い、手術中は医師から次々と必要な器械が指示され、それを手渡していきます。

(よくドラマで医師が「メス」と言うと、看護師がサッと手渡すシーンありますよね?あれです!)

手術中は医師のペースを崩さずスムーズに進めるため、どのような器械が必要になるかを予測することが大事です。

 

また、基本的な外科の開腹手術でも数十種類の器具を使い分けるので、新人の頃は器械を覚えるだけで大変です。

 

〇外回りとは

手術室の器械出し以外のすべての業務を指します。

 ・薬剤や輸血製剤などの必要物品の補充

 ・術前・術後の患者訪問

 ・患者のバイタルチェック

 ・記録の記入

 ・ガーゼ、針類のカウントのバックアップ 等

 

 

<手術以外の時は何をしているのか?>

 

1.手術室の準備

患者さんを受け入れられるように医療機器やベッドの準備をし、手術室の環境を整えます。

 

2.休憩

手術中は器械出し・外回りともに神経を使う業務が続くので、手術中の集中力を保つため、休憩中はしっかり休むことも仕事の1つです。

 

 

患者さんへのより良い手術看護を提供するために、手術看護師さんは必要な存在です。

 

興味のある方、チャレンジしようと思う方、ぜひ目指してもらいたいです(^^